知っておくと損はない女性用着物の種類を紹介

着物は場面に合わせて着る必要があり、そのためには、着物の種類をよく知っておかなければなりません。 成人式や正月などでは振袖を見かけますが、振袖は未婚の女性が華やかな式典などに着る正装です。 結婚式で既婚の新郎新婦の親族が着るのは黒留袖という着物で、未婚女性は色留袖を着ます。ゲストとして結婚式に招かれた時は、訪問着が一般的です。未婚の方なら振袖を着ても問題ないのですが、新婦より目立たない訪問着が無難でしょう。訪問着よりももっと気楽な食事会へ行く時には付下げを着て、普段着として外を歩く時は紬です。紬は例え高価なものでも普段着の扱いのため、式典などには着られないので注意が必要です。 小紋という着物は幅広い場面で着られますが、小紋にも種類があり、江戸小紋は訪問着のような準礼装の扱いになります。 歌舞伎鑑賞のときに和装するなら、紬、小紋、付下げの種類のうちどれかを着ていく人が多いです。 場に相応しい着物で、和装を楽しみましょう。